洋服好きが始めた、洋裁のブログ

洋服が好きで、 着たい服を自分で作れるようになりたい!! と思い、30代なかばにして洋裁を始めました。

ゴムスカート ①制作編

こんにちは。

 

洋服が好きで、自分が着たい服を作りたい
との動機から洋裁をはじめました、ぱんじーです。

 

ミシンを使った洋裁の基礎を学ぶべく、
カバンを3つ制作しまして、

いよいよ洋服作りに入ります。

 

洋裁教室の先生と相談し、

まずは、先生曰く難易度低めのゴムスカートから

制作することになりました。

 

本当はワンピースを作りたかったのですが、

袖やエリ、ファスナーは、

初心者には難しいのだそうです😭

いつか難易度の高い服にもチャレンジできるよう、

頑張って行きたいです。

 

生地は日暮里繊維街のalonさんで見つけた

こちらの〝ニット生地″を使います。

素敵な生地です⭐︎ 完成が楽しみです。

 f:id:Prettydressmaker:20171120010252p:image

 

洋裁教室初回の説明時に、

「ニット生地は原則、扱い不可にしてます〜」

と先生から説明があったことを

ふと思い出し、

その理由をネットで調べてみました。

 

・ニット生地は伸びるからミシンが難しい

 ・上下に重ねてミシンで縫う際、

     下布だけ早く送られて生地が波打ってしまう

 

なんと、、、ニット生地を扱うには

色々テクニックがいるとのことでした😱

知りませんでした💦

 

先生に最初勧められたスカートは、

伸びない生地を使った、

プリーツスカート達でした。

 

それらも可愛かったのですが、

普段、私が着るタイプのものではなかったため、

教室にある洋裁本を読み続けまして、

なんとか今回のゴムスカートで

先生と合意したのでした。

 

通いたてなのに、生意気な生徒です。。

 

にも関わらず、本来NGにしているニット生地を

先生は何も言わず、了承してくれたのでした。

先生のお優しさに感謝です😍

 

でも初回からテクニック要のニット生地を

選んでしまい、先生に沢山ヘルプを

出すんでしょうね💦

 

 

さて本日は、パターンを紙に写し、

それをハサミでカットしました。

人生初めての経験です。

洋服を作っているっていう感じがして、

楽し過ぎます😍

 

パターンは、お腹のゴムとスカート部分のみ。

これだけ?!というくらいシンプルです。

 f:id:Prettydressmaker:20171121222440j:image

 

いよいよ次回からニット生地のミシンになります。

お気に入りのスカートが上手にできるよう

頑張ります。

 

 

3つ目のカバン、バックインバック ②完成編

こんにちは。

 

洋服が好きで、自分が着たい服を作りたい

との動機から洋裁をはじめました、ぱんじーです。

 

ミシンを使った洋裁の基礎を学ぶべく、

カバンを制作しております。

 

本日、3つ目のカバンが完成しました。

こちら、バックインバックです。

f:id:Prettydressmaker:20171112192951p:image

 

裏地は黄色になっています。
可愛いですね〜😍(自画自賛)

 f:id:Prettydressmaker:20171112195622p:image

 

本当は、裏地はクールに黒にしたかったんです。

でも、黒いと中の荷物が見えにくくなるので、

苦渋の選択で、表生地と同じ黄色を選びました。

 

話がやや脱線しますが、

去年、iPhone7に切り替えた際、

携帯の色を初めて黒にしたんです。

 

クールで格好いい!🕶

と思ったのは初日だけで、その後はカバンの中で

いつも行方不明 (黒くて見えない)。

毎日イライラ。

黒にする前は全くそんなことがなかったのに。

 

色ってすごいですね。

※単に、私のカバンの中が整理されてなさ過ぎ

  という話もありますが💦

 

そんな経験から、今回裏地は黒ではなく

黄色を選んだのです。

日々、失敗から学んでおります。

でも全体的に明るい雰囲気になり、

黄色を選んで正解だったように思います。

 

こちらのバックインバック、内側と外側に2個ずつ、

ポケットが付いています。なかなか機能的です。

さっそくポケットティッシュを入れてみました。

いい感じです😍

f:id:Prettydressmaker:20171112201447p:image

 

このバックインバックを愛用して

通勤カバンの中を整理することで、

iPhoneを黒にしてよかったな〜🕶と

思える日が来そうですね。

 

 

さあ次からいよいよ、洋服作りになります。

こちらの生地でスカートを作ります❤️

日暮里繊維街alonさんにて購入。

f:id:Prettydressmaker:20171110075945j:image

 

当初、カバン制作は飛ばして、

いきなり洋服を作りたーい!と思っていました。

 

でも3つのカバン制作を通じて、

まだまだ改善の余地ありですが、

生地の採寸・裁断、

ミシン縫いは少し上手になりました😄

 

また柄をどこにもってくるかや、

しっかり縫うべきポイントなど、

失敗・反省を通じて色々学ぶことができました。

 

やはり基礎は大切ですね💡

 

カバン制作から学んだことを活かして、

スカート作り、頑張ります。

 

3つ目のカバン、バックインバック ①制作編

こんにちは。

洋服が好きで、自分が着たい服を作りたい
との動機から洋裁をはじめました、ぱんじーです。

ミシンを使った洋裁の基礎を学ぶべく、
カバンを制作しております。
ただいま3つ目で、バックインバックを制作中です。

 

今回初めて、接着芯を使いました。

クッキングペーパーのような紙を敷いて、

アイロンで布と接着していきます。

 

すると、、、

ペラペラだった布に、ハリと固さが出てきました😍

こんな技があるんですね。

 

今までこの世には固い布が存在するのだと

思ってましたが💦、

こうやって補強してたんですね。

勉強になります。

(もちろん、固い布もあるんだと思いますが)

 

 

バックインバックですので、マチも作ります。

こちらは黄色い布に、先ほどの接着芯(白)を

貼り付けて、袋状にしたもの。

角を以下のように織り込んで、

矢印の部分をミシンで縫えば、マチが完成です。

f:id:Prettydressmaker:20171112122246j:image

 

こちらはミシンで縫ったあと、

内側から撮影したもの。マチができました。

※糸やチャコペンの跡など、汚くてすみません

f:id:Prettydressmaker:20171112180802j:image

 

ただいま制作中のカバンですが、ふたつ目の

カバンと同じ生地を使っています。

【ふたつ目のカバン】

 f:id:Prettydressmaker:20171112190448j:image

 

ふたつ目のカバンが完成した際、
生地が少し余りました。
洋裁教室の先生に、これだけあれば
3つ目のカバンも作れるわよ?
っと言っていただき同じ生地で制作したのでした。

 

生地はオカダヤ町田店で1300円くらい。 

1300円で、こんなに可愛いカバンが2つも
作れるなんて😍

 

完成まであと少しです。がんばります。

 

初めての日暮里繊維街でお買い物

こんにちは。
洋服が好きで、自分が着たい服を作りたいとの動機から
洋裁をはじめました、ぱんじーです。

 

今制作中のカバンが完成したら、

いよいよ、念願の洋服作りに進みます。

1点目は先生と相談して、お腹がゴムの

タイトスカートを作ることになりました。

 

中野ユカリさんの本、

日本一簡単におしゃれな大人服が作れる本から

選びました。

 f:id:Prettydressmaker:20171105225722j:image

f:id:Prettydressmaker:20171105225937j:image

 

初めての洋服制作ですから、

ずっと行ってみたいと思っていた日暮里繊維街に、

生地を探しに行きました。

 

事前にネットで調べたところ、

片っ端からお店に入ると疲れてしまうという

情報が多数ありました。

そんなにお店があるの?と期待が膨らみます😍

 

また問屋街なので、お店が閉まるのは早く、

日曜日はお休みのお店が多数とのこと。

クレジットカードが使えないお店も多いようです。

事前に調べておいてよかった。

 

今回の私の目当てはニット生地です。

伸びるやつです。

 

色々な方のブログなども参考にさせていただき、

立ち寄るお店を数点ピックアップしました。

 

ニット専門店、

おしゃれな生地を扱ってそうなお店、

あとはみなさんが必ず立ち寄るという大型店です。

・伊藤ファッションサービス

・パキラ

・トマト

・zak zak

・alon (アロン)

 

日暮里繊維街公式ホームページには、
地図とお店の場所が大変詳しく載っています。

http://goope.akamaized.net/12044/170907121311-59b0b94777094.pdf
目星を付けたお店と地図を照らし合わせて、

当日の動きのシミュレーションはばっちりです。

 

いざ、日暮里繊維街へ!

 

 

 

結局、、、

上記以外のお店も多数まわりました。

どのお店も魅力的で、素通りできませんでした。

 

そして色々回った結果、私が選びましたのは

alonさんのこちらの生地です。

f:id:Prettydressmaker:20171105231912p:image

 

とっても素敵ですよね😍(自画自賛)。

こんなお洒落な柄、なかなかないです。

しかも土曜日は10%割引ということでラッキーでした。

 

日暮里繊維街公式ページの地図を

みていただくとわかりますが、

alonさんは地図上76番(本日現在)、

日暮里駅から結構離れたところにあります。

 

途中、寄り道し過ぎて案の定クタクタになってしまい、

alonさんに行くか、引き返すか、

とっても迷ったんです。

 

あのとき、、、、

頑張ってよかったです😭

お陰でこんな素敵な生地に出会えました。

 

今回いくつかのお店を回りましたが、
こちらの生地はalonさんだけ。
他店にはなかったと思います。

 

また日暮里に来る際には是非立ち寄りたい、

お気に入りのお店ができました⭐️

 

しかもこの生地、私が欲しいサイズ+数十センチで

終了ということで、運命的な出会いとなりました。

 

残り数十センチだったので、

優しいお店のご主人の、

同じ生地でベストでも作ったら?

の営業トークに負けまして、

予定よりも数十センチ長く購入。

 

まあ土曜日で10%割引でしたし、

今回カバンで裁断を失敗したりしたので、

私みたいな初心者は多めに買っとくと

安心です。

 

さっそく洋裁教室の先生に生地を見せたら、

素敵〜と褒めていただきました。

 

しかも先生の方から、

生地が余ったら、カバンでも作ったら?

とご提案が。

 

先生、何故私が余計に生地を買ったのを

知ってるんですか?!

 

若干、カバンはお腹いっぱい気味ではありますが、

(もう3個作りましたからね)

私の裁断が成功して、無事に生地が余りましたら、

お気に入りの柄で、もうワンアイテム

作れることになります。

 

 

 

 

頑張りまーす。

 

初めての洋服作品選び

こんにちは。

洋服が好きで、自分が着たい服を作りたいとの動機から
洋裁をはじめました、ぱんじーです。

 

今、洋裁の基礎を学ぶためカバンを作っていますが、

今制作中のカバンが完成しましたら、

いよいよ念願の洋服作りに進みます。

 

洋裁教室の先生に、本などで作りたいもの

探してきて〜と言われ、

 

ユザワヤ銀座店で洋裁本と向き合うこと1時間。

こちらの素敵な本を購入しました😍

 

笹原のりこさんの

ずっと着たい

私だけのワンピース

f:id:Prettydressmaker:20171105195616j:image

 f:id:Prettydressmaker:20171105195628j:image

 

なかでも私がチャレンジしたいと思ったのは

こちら。

f:id:Prettydressmaker:20171105195150j:image

レトロな感じが素敵なワンピース😍

 

あとこちらも。

エリがお洒落です。

f:id:Prettydressmaker:20171105195216j:image 

 

さっそく洋裁教室で先生にいずれかを作りたい!

と申し出ましたがなんと、、、

 

私にはまだ、袖やファスナーは早いそうで、

制作許可をいただけませんでした😭

 

というか袖やファスナーの服は

普段何気なく着てますけど、

高度な技術だったんですね。

 

最近は洋服を買いに行くと、

今までは全く気にしてませんでしたが

その服がどう縫われてるのか、

ついつい見るようになりました。

人の視点って、ちょっとしたことがきっかけで

変わるから面白いですね。

 

というわけで、私が選んだ制作候補の洋服は

難易度が高かったので、

先生ご所有の本をお借りして、

易しい作品を先生と相談しながらピックアップ。

 

そして選んだのはこちら!!

f:id:Prettydressmaker:20171105195427j:image

f:id:Prettydressmaker:20171105195439j:image

 

お腹がゴムのタイトスカートです。

シンプルだけど可愛い💕

生地はニット素材を使います。

 

上手に作れたら、私の服レパートリーに

頻繁に組み込まれること間違いなしです!!

 

というわけで、まだアイテムを選んだだけ

の段階ですが、非常に興奮しております。

 

カバンでもこんなに嬉しいのに、

自分のお気に入りの洋服ができたら、

とっても嬉しいでしょうね。

 

この調子で頑張ります。

そしていつか、難易度の高いワンピースにもチャレンジしたいです。

 

 

ふたつ目のカバン完成

こんにちは。
洋服が好きで、自分が着たい服を作りたいとの動機から
洋裁をはじめました、ぱんじーです。

 

さて今回もまずはミシンを使った洋裁の

基礎を学ぶべく、カバンを作っております。

 

今回の生地は、オカダヤ町田店で購入しました。

こちらは地下1階から、4階まであり広いです。

一つの生地を選ぶのに2時間超滞在してました。

 

それにしても生地選びって、楽しいですね。

今までの人生、これを知らなかったわけですから、

遅咲きながら、知れてよかったです。

 

前置きが長くなりましたが、

二作品目となりますカバンが完成しました。

こちらです。

 

f:id:Prettydressmaker:20171105191553j:image

 少し大きめのエコバッグです。

個性的な絵柄がオシャレですよね(自画自賛)。

 

わかりにくいですが、マチもありますよ。
マチってこうやって作るんですね、、、
と感動しました。

f:id:Prettydressmaker:20171105192157j:image

 

うち側にはポケットもあります。

 f:id:Prettydressmaker:20171105192214j:image

 

 そして今回も採寸・裁断に苦戦しました。

こちらの生地は絵柄があるので、

上下の向きを意識しなくてはなりません。

 

またどの絵柄をエコバッグのどこの位置に

持ってこようか、などと考える余裕は全くありませんでした。

 

その結果、、、

表面は私のお気に入りの動物がいっぱい。

しかーし、裏面は動物が端にのほうに

ちらほらとしかいません。。

裏面はこちら。

f:id:Prettydressmaker:20171105192447j:image

 

 お気に入りの絵柄を、

作品のどこに見せたいかまで、

意識できるようになりたいものです。

 

それにしてもやはり、自分で作ったお気に入りを

使うのは嬉しいですね!

 

さっそくこちらのカバンに色々詰めて出かけましたよ。

 

そうしたら、、、

片方の取っ手がさっそく取れました。

うーん。やはりまだまだ作りが甘いですね。

 

今後は取っ手など、力のかかりやすい部分の

ミシンがけは、特に念入りにやろうと思います。

 

シンプルなカバンではありますが、

色々発見がありました。

 

次の作品作りに生かしていきます。

 

洋裁教室選びとひとつ目のカバン完成

こんにちは。

洋服が好きで、自分が着たい服を作りたいとの動機から

洋裁をはじめました、ぱんじーです。

 

昔から手先は器用なのですが、

とはいえ独学で始めるのは不安、、、

ということで、都内で洋裁教室を探しました。

 

探してみると、教室って意外と沢山あるんですね。

先生方が、ホームページやブログで

教室の雰囲気や生徒さんの作品を公開してくれてます。

 

おそらく都内の教室はすべて調べつくしたのではないか、、、

というくらい検索しまして、とうとう自分の好みに

近い教室を見つけることができました。

ただいま月に数回、通っています。

 

そして、記念すべき一つ目の作品がこちら!!!

A4サイズのカバンです。

裏地のワインレッドカラーがよいインパクトに

なっているのではないでしょうか!(自画自賛)

 f:id:Prettydressmaker:20171105152416j:image

 

まずはカバンをいくつか制作して、

ミシンを使った洋裁の基礎を学びます。

 

生地はユザワヤ銀座店で購入しました。

銀座店はワンフロアですが、私の好みの生地がいくつかありました。

 

中学生以来のミシンということもあり、

まっすぐに縫うのにも苦戦しました。

 

なかでも予想外に苦戦したのは採寸・裁断。

ちゃんと定規で測っているのに、裁断して

もう一回測ると、あれ?なんか長さが違う、、、

なんてこともしばしば💦

 

なんだかんだでミシンに行くまでに

一番時間がかかりました。

うーん。これは慣れるものなのでしょうか。

 

でもこうして、自分で作ったお気に入りが完成するのは

とっても嬉しいですね😍

さっそく愛用しております。

 

この勢いで、引き続き色々作っていきます。

 

 

 

 

 

 

洋裁はじめました。

洋服が好きで、
着たい服を自分で作れるようになりたい!!
と思い、30代なかばにして洋裁を始めました。


フルタイムの仕事をしながらの製作のため、
ゆっくりの頻度での更新となりそうですが、


少しずつ難易度の高い洋服にチャレンジできるよう、
こちらのブログとともに頑張っていきたいと思います。