洋服大好きぱんじーの奮闘!洋裁・ワンピースブランド運営と育児のブログ♫

洋裁・ハッピーカラーワンピースブランド運営と育児ブログ

愛育病院の入院生活① 〜授乳は産後すぐにスタート〜

こんにちは、ぱんじーです。

愛育病院@田町で長男👶を出産しました。本日は愛育の母乳指導について書きたいと思います。

 

f:id:Prettydressmaker:20200509012530j:image

愛育病院の外観。いつ見てもカッコいい!

 

産院検討時、勉強不足&母乳育児に強いこだわりがなく(粉ミルク🍼も上手に活用すれば良いじゃないか)、産院の母乳育児方針は全く気にしていませんでした。

しかし今になって先輩ママ達のブログを拝見すると、病院によって様々。なかには母乳指導をほとんどしてもらえなかった😭、、、なんていうものも。

 

結論から言うと、愛育はしっかり母乳指導をしてくれました。この点においても、愛育病院を選んでよかった^ ^と思っています。

 

以下詳細です。

 

◆初授乳は産後6時間後に開始

私は午前中に、帝王切開で息子を出産しました。夕方になっても、沢山の管(麻酔等)に繋がれ、お腹の傷口は痛く、麻酔で意識は朦朧。

 

そんな時に看護師さんが「授乳してみますか?」と声をかけてくださいました。

 

手術後わずか6時間後に初授乳!

 

 

◆初授乳!!!結果は、、、

生まれたばかりなのに、なんと息子は元気におっぱいを飲んでいるではありませんかーー!!誰に教わったわけでもないのに、すごいです。

 

そしてあんなにお腹が痛かったのに、授乳中は痛みが吹っ飛び、全く痛くなくなりました!!

 

人間の体は良くできてます。

 

それにしても、帝王切開後6時間ほどで初授乳とはスパルタです。しかし産後すぐに飲ませることで、その後の母乳育児のよいスタートが切れるそうです。

※私は帝王切開の出血がかなり多かったので、そうでない場合は、もっと早くにスタートかもしれません。。

 

看護師さん、忙しいのにわざわざ声をかけてくださって、付きっきりで見てくれて本当に感謝です。

 

 

◆母乳指導方針は産院選びの重要ポイントだと思う

私の産院を選ぶ基準は、無痛分娩でかつ以下条件を満たすことでした。

1. 自宅からタクシーで20分以内

2. 麻酔に24時間対応

3. 計画分娩でないこと

 

これに加えて母乳指導方針が自分に合っているかも、重要なポイントだと今になって思います。

 

授乳方法は入院中に教えてもらわないと、もう誰も教えてくれません😭 なので私のように最初は母乳育児に強いこだわりがなくても、選択肢を残しておくという意味で、母乳指導をしっかりしてくれる産院にお世話になっておくのが良いように思います。

 

しかし、産院の初診予約前に事前説明会はないですし、ホームページに母乳指導方針まで載せている病院ばかりではありません。

 

なので候補の産院については事前にブログ等で調べるか、初診予約時に直接病院に確認するのが良いと思います。

 

私のブログも、いつか誰かのお役に立てれば幸いです^ ^